保釈について

保釈は、起訴された後に、身柄拘束の解放を裁判所に認めてもらう制度です。

 

裁判所が定めた一定の金銭(保釈保証金)を、
担保として納める必要があります。

保釈Q&A

・保釈は、いつになったら申請できますか?
   起訴された後です。
   起訴される前は、保釈申請はできません。

 

・保釈申請すれば、必ず保釈が認められますか?
   必ず認められるというものではありません。
   一定の重大犯罪の場合、
   逃亡のおそれがあると裁判所に判断された場合、
   証拠隠滅のおそれがあると裁判所に判断された場合、
   などでは認められません。

 

・保釈保証金は、いくらですか?
   保釈申請をした後、裁判官が個別の事情を判断して決めますので、
   一概にいくらとは言えません。
   一般的には、
   150万円〜200万円前後とされることが多いようですが、
   もっと多額になることも当然あります。

 

・保釈保証金は、返してもらえますか?
   裁判が終われば、返してもらえます。
   もっとも、逃亡するなど、
   保釈の際に決められた遵守事項を守らないと、
   没収されることがあります。

 

・保釈された後で、実刑判決を受けた場合どうなりますか?
   実刑判決の言い渡しがあった場合には、
   その場で直ちに収監されます。
   一旦自宅に帰るということはできません。
   もっとも、その場合、再度の保釈申請をすることができます。
   但し、保釈を再度認めてもらえるかどうかは事案によります。